スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには音楽話。

ボクが音楽を聴く時に求めるものって
癒しとかじゃなくて、テンション上げたいとかなので
あまり癒される感じの曲とかクラシックとかは聴かないのですが
それでも時々聴きたくなるのが、ドビュッシーの「月の光」と
エリック・サティの「ジムノペティ」です。
特にジムノペティは、中学の頃初めて練習したピアノ曲だったので
思い入れがあります。

ボクは、ガキの頃エレクトーンだったためダンパーペダルを踏むという
感覚が無かったので、ピアノをやっていた友人に何かイイ練習曲ないか?
と相談したところ、この曲のスコアをもらいました。
この曲のズンチャーン、ズンチャーンという伴奏は、左手だけで
オクターブ(やっぱり、それ以上だったような。もう忘れた(汗))を
行き来する和音を弾くのでダンパーペダルを使わないと
弾けない曲だったのです。

「ジムノペティ」は曲こそ淡々としていて静かな曲ですが
左手が常にオクターブ(やっぱり、それ以上だったような。
もう忘れた(汗))を行き来しているのでちょっと上手くなっただけで
自分てスゴイんじゃないか?と勘違いさせてくれる曲なんで
ちょっとカジってみようという人におすすめです(汗)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。