スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘違いの勘違いだったらすみません

先日、チラっと「メンタルレイの制限のチェックを外せば・・・」なんて書いたのですが
マニュアル見ると

メモリ制限(mental ray)
[メモリ制限]をアクティブにすると、シーンのレンダリング時にmental rayで使用できる
仮想メモリのサイズを指定できます。
この設定を非アクティブにすると、メモリ上限は設定されません。

て書いてあった。
しまった、仮想メモリの制限だったのか;
つまり・・・

レンダの最適化のとこ

ウチでは、こういう設定にしないといけないのでは?と。
案の定、負荷テストに使っているシーンが安定してレンダされるし、
しかもレンダのスピードも速くなった。
これって、チェックを外したことによって、物理メモリの余裕があるのに
実は仮想メモリを使っていたとか?
なんてこった。

う~、マニュアルは、ちゃんと読もう;;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。