スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけおめことよろです

年明け早々、久々にXSIネタでも。
相変わらず、誰もが知っていそうな小ネタですが;
というのも実は、ひっそりくコ:彡さんのスクリプトに
感謝したかったから書いているものだったりです。


再セットアップ1

こんなのがあるとします。
いい加減ですが腕とか足のモデルだと思ってください。
当然、Envもかけてありますし、これにはシェイプもあります。
今、初期位置は真っ直ぐですが、これを右のように曲げた状態を
初期位置にしたい場合の方法です。


再セットアップ2

まずは、シェイプデータの保持から。
オブジェをコピーしてEnvのクラスタを削除します。
するとオブジェは当然、元の形に戻ってしまいます。


再セットアップ3

ここで元のオブジェに対してコピーしたオブジェに
モデリングモードでケージをかけます。
設定を画像のようにすると、元オブジェクトと全く同じように変形します。
後は、ケージだけをフリーズしてやればシェイプデータ保持の完了です。


再セットアップ4

次にEnvの再適用です。
オブジェを選択してくコ:彡さんの「SaveEnvWeight.js」を実行すると
そのシーンのプロジェクトのパスに、Envとデフォームのデータを
書き出してくれます。


再セットアップ5

その状態でEnvをフリーズ。
空のEnvとシェイプのクラスタを削除しておいてから、スケルトンをチェインで
全て選択し、リファレンスポーズをかけておきます。


再セットアップ6

そしてオブジェを選択して、くコ:彡さんの「SetEnvelopeFromPreset.js」を実行すると
前の状態を保持したまま、曲がったオブジェにEnvが再適用されます。
後は、保持しておいたシェイプデータをGATORで移せば終了です。

1つだと大したことじゃないのですが、オブジェの数が多いと結構パニくります。
なので、あたふたしている中、この作業を簡略化してくれたスクリプトには本当に助けられました。
ひっそり感謝ですm(__)m

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。